属性データは、製品の規格を満たす、または満たさない品質特性(属性)を示すデータです。これらの特性はカテゴリ化したり数えたりすることができます。

属性データの例として、ある製品の傷(欠陥)を分類したり数えたりする場合や、不適合製品(不良品)の数を数えたりする場合などがあります。

1袋のM&Mチョコレートの品質を調べるとします。チョコレートのコーティングに傷がないか、各チョコレートにプリントされている「m」の文字がはっきり見えるか、つぶれていないか、形のくずれたチョコレートはないかなど、さまざまな欠陥について評価できます。

属性は合格または不合格で評価されることが多く、通常5つまでのカテゴリについて視覚的な基準で比較されます。次の表は、コーティングの傷について収集可能な属性データを示しています。
属性 属性は次で評価されます 属性カテゴリの数
コーティングの傷 合格または不合格 2
チョコレート1つあたりの傷の数 0、1、2、3、4、または5つ以上 5

チョコレートの例で、チョコレートコーティングの傷のサイズを測定したとすると、データは属性データではなく、連続データになります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください