枝分かれゲージR&R分析の知覚区分数の方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

知覚区分数

知覚区分数は、製品変動の範囲内にある重複していない信頼区間の数を表します。これはまた、使用中の測定システムが工程データ内で識別できるグループ数と考えることもできます。

次に、この値が切り捨てられます。ただし、値が1未満になる場合、知覚区分数は1に設定されます。

信頼区間

LとUがゲージ分散と合計分散の比の下限と上限だとすると、知覚区分数の下限と上限は次のようになります。

LとUは(0,1)の範囲内にある必要があります。LとUが範囲外にある場合、知覚区分数の下限と上限は欠損します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください