ゲージ実行図のデータに関する考慮事項

結果が有効であることを保証するために、データを収集し、分析を実行し、結果を解釈するときには次のガイドラインについて考慮します。

測定者はランダムな順序で部品を測定する必要がある
データ収集の順序が結果に影響を及ぼさないようにするため、各測定者は反復内ですべての部品をランダムに測定する必要があります。すべての測定者がすべての部品を1回測定した後に、すべての反復について工程を繰り返します。
測定者因子と部品因子は交差している必要がある
2つの因子のうち、片方の因子の各水準が、他方の因子の各水準との組み合わせで出現している場合、これらの因子は交差しているといいます。たとえば、測定者因子と部品因子が交差している場合、すべての測定者がすべての部品を評価する必要があります。交差因子に関する詳細は、ゲージR&R分析における因子の種類を参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください