ゲージの線形性と偏りの分析のデータに関する考慮事項

結果が有効であることを保証するために、データを収集し、分析を実行し、結果を解釈するときには次のガイドラインについて考慮します。

各参照部品には既知の測定値が必要である
参照値とは、参照部品の既知の標準測定値です。参照値は測定システム分析時に比較のマスター値として使用されます。たとえば、既知の重さが0.025gの参照部品を使用してスケールを較正します。
データはランダムな順序で収集する必要がある
データをランダムな順序で収集しない場合、分析の結果が適切でなくなる可能性があります。
実測値または予想される測定値の範囲を代表する部品を選択します
ゲージが測定する部品のすべてのサイズに対して、同じ正確性が得られるかどうかを評価できるように、実測値または予想される測定値の範囲全体にわたって部品を選択します。
1人の測定者がすべての測定を実行する必要があります
異なる測定者によるゲージ変動が因子とならないようにするため、1人の測定者がすべての部品およびすべての反復を測定します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください