交差ゲージR&R分析の分析法の方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

分散分析

部品と測定者の両方が入力された場合

測定者と部品を入力すると、バランス型2因子要因計画を使用してデータが分析されます。両方の因子が変量と見なされます。モデルには、部品と測定者の主効果に加え、測定者*部品の交互作用が含まれます。(測定者を入力しない場合、モデルは、部品を変量因子とするバランス型一元配置分散分析となります。これについては次のセクションで説明します。)

最初に適切なモデルの分散分析表が計算されます。その後、この表を使用して分散成分が計算され、分散成分はゲージR&R表に表示されます。

完全モデル内の部品*測定者の項が有意でない場合、一部の分散成分の推定値は負の数値になる場合があります。完全モデルは、交互作用を含む二元配置分散分析表に表示されます。測定者と部品の交互作用のp値が0.05以上の場合、Minitabでは交互作用項を除外して簡素化モデルを当てはめ、そのモデルを交互作用なしの二元配置分散分析表に表示します。この簡素化モデルには、部品と測定者の主効果のみが含まれます。

完全モデル
完全モデルの場合、再現性の分散成分は、さらに次の変動の原因に分けられます。
  • 測定者成分は、同じ部品を測定する異なる測定者間の変動です。
  • 部品*測定者交互作用は、各測定者によって測定される部品の平均サイズ間の変動です。この交互作用によって、測定者の一貫性が部品によって大きく異なる場合を説明できます。たとえば、1人の測定者はより小さい部品を測定するときに変動がより大きく、別の測定者はより大きい部品を測定するときに変動がより大きい場合などです。
これらの効果を解釈するには分散成分表を使用します。
簡素化モデル
簡素化モデルの場合、再現性の分散成分は、単に測定者の分散成分です。

測定者が入力されなかった場合

部品のみを入力した場合、モデルはバランス型一元配置分散分析となり、部品は変量因子と見なされます。分散分析表が計算され、部品とゲージの分散成分が推定されます。ゲージの分散成分は繰り返し性と同じで、再現性成分は推定されません。したがって、ゲージの分散成分は分散分析モデルの誤差項です。

XbarとR

Minitabでは、最初に、ある測定者のある部品の測定値の各セットからのサンプル範囲が計算されます。次に、サンプル範囲を使用して繰り返し性の平均範囲が計算されます。

再現性の分散は、各測定者のすべての測定値の平均の範囲から計算されます。この場合、再現性は測定者の分散成分と同じです。部品の分散は、各部品のすべての測定値の平均の範囲から計算されます。

すべての範囲は、適切なd2因子で割られています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください