交差ゲージR&R分析の分散分析表の方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

平方和(SS)

平方和(SS)は平方距離の和であり、異なるソースから得られたばらつきの測度です。

SS部品

用語説明
b測定者数
n反復数
各部品の平均
全体の平均
SS測定者

用語説明
a部品数
n反復数
各測定者の平均
全体の平均
SS部品*測定者

SS部品*測定者 = SS合計 – (SS部品 + SS測定者 + SS繰り返し性)

SS繰り返し性

用語説明
各観測値
各因子水準の平均
SS合計

用語説明
各観測値
全体の平均

自由度(DF)

SS(平方和)ごとの自由度(DF)。一般に、自由度では、各SSを計算するために使用できる情報の量を測定します。

DF部品

用語説明
a部品数
DF測定者

用語説明
b測定者数
DF部品*測定者

用語説明
a部品数
b測定者数
DF繰り返し性

用語説明
a部品数
b測定者数
n反復数
DF合計

用語説明
a部品数
b測定者数
n反復数

平均平方(MS)

平均平方(MS)は異なるソースから得られるデータのばらつきです。MSは、異なるソースに異なる数値の水準または発生し得る値があるという事実を説明します。

MS部品

MS測定者

MS部品*測定者

MS繰り返し性

F

F統計量は、測定者、部品、または測定者*部品が統計的に有意かどうかを判断するために使用します。

F部品

F測定者

F部品*測定者

p値

p値は、サンプルから計算される値と少なくとも同程度に極端な検定統計量(F統計量など)を得る確率です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください