交差ゲージR&R分析のデータに関する考慮事項

結果が有効であることを保証するために、データを収集し、分析を実行し、結果を解釈するときには次のガイドラインについて考慮します。

測定者はランダムな順序で部品を測定する必要がある
データ収集の順序が結果に影響を及ぼさないようにするため、各測定者は反復内ですべての部品をランダムに測定する必要があります。すべての測定者がすべての部品を1回測定した後に、すべての反復について工程を繰り返します。
適切に分析を行うためには、測定者が少なくとも10個の部品を測定する必要がある
工程変動は、履歴データの大きなサンプル、または分析に使用した部品から推定できます。工程変動の経験値がある場合、部品10個という通常の要件が許容できます。
経験値がない場合は、11個以上の部品を使用することを検討してください。非常に精度の高い工程変動の推定値を得るには多数の部品が必要ですが、15~35個を使用すれば、10個を使用した場合よりも正確な推定値が得られます。
実際のまたは予想される工程の変動を代表する部品を選択する
部品間変動の妥当な推定値が得られる可能性を高めるために、工程範囲全体から部品を選択します。たとえば、続けて生産された部品、1つのシフトまたは1つの生産ラインだけサンプリングした部品、不合格になった部品などは測定しないでください。
測定者因子と部品因子は交差している必要がある
2つの因子のうち、片方の因子の各水準が、他方の因子の各水準との組み合わせで出現している場合、これらの因子は交差しているといいます。
たとえば、測定者因子と部品因子が交差している場合、すべての測定者がすべての部品を評価する必要があります。
交差因子に関する詳細は、ゲージR&R分析における因子の種類を参照してください。
測定者因子と部品因子は変量因子でなければならない
因子が変量であるとは、因子が数多くの水準を取り得るけれども、水準のランダムサンプルのみがデータに含まれていることです。
たとえば、部品は変量因子です。分析のために選択された部品は生産工程のすべての可能性のある部品を代表するものであるためです。
たとえば、測定を行う多くの従業員がいて、分析のために数人の測定者をランダムに選択した場合、測定者は変量因子です。
変量因子に関する詳細は、ゲージR&R分析における因子の種類を参照してください。
測定者は、各部品を少なくとも2回測定する必要がある
測定変動は、再現性と繰り返し性という2つの成分に分けられます。再現性は、異なる測定者が同じ部品を測定したときに生じる変動です。繰り返し性は、同じ測定者が同じ部品を繰り返し測定したときの変動です。10個以上の部品と3人以上の測定者を使用し、各測定者が各部品を2回以上ランダムな順序で測定すれば、繰り返し性の適切な推定値を得ることができます。
適切に分析を行うためには少なくとも3人の測定者が必要である
最適な結果を得るには、分析に3~5人の測定者を含めます。実際に測定システムを使用する測定者が3人未満である場合を除き、分析に含める測定者を3人未満にしないようにする必要があります。測定者間に大きな違いがある可能性がある場合には、3~5人よりさらに多くの測定者を使用することを検討します。他の測定者よりも測定値が低い測定者など、測定者間の差を特定したら、多くの場合はトレーニングで一貫性を向上できます。
分析に測定者を選択するときは、測定システムを使用するすべての測定者を代表するような測定者を選択します。最も優秀(または未熟)な測定者のみで分析を行うと、結果が偏ったものになり、測定者間の差の正確な推定ができなくなります。正確性を確保する最良な方法は、分析用の測定者をランダムに選択することです。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください