計数ゲージ分析(分析法)の概要

応答が2値(合格/不合格など)の計数ゲージの偏りと繰り返し性を評価するには、計数ゲージ分析(分析法)を使用します。

たとえば、自動車製造会社の生産管理者が、すべての属性測定システムが較正標準に合っているかどうかを確認しようとしているとします。長さの値(ミリメートル単位)の適不適を判定するために使用するゲージの偏りと繰り返し性を評価するため、測定者が8個の部品を計数ゲージで測定します。

この分析の場所

計数ゲージ分析を実行するには、統計 > 品質ツール > ゲージ分析 > 計数ゲージ分析 (分析法)を選択します。

他の分析を使用する場合

検査者による属性評価を使用する場合に、測定システムを分析するには、属性の一致性分析を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください