I-MR-R/S管理図の出力で標準偏差の推定値の代わりにアスタリスクが表示される理由

サブグループ間およびサブグループ間/内の標準偏差を計算するには、サブグループの半数以上で同じサブグループサイズが使用されている必要があります。

5、7、4というサイズのサブグループが1つずつあるとすると、それぞれサイズの異なるサブグループが3つあることになります。したがって、各サブグループサイズは、1/3回発生し、どのサブグループサイズも1/2回以上発生することはありません。1つのサブグループサイズがサブグループの半数以上で使用される状況を作り出すためには、たとえばサイズ5のサブグループを2つ追加する必要があります。

管理図は作成されますが、MR管理図には管理限界と中心線がなく、I管理図には管理限界がありません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください