分解されたT2値を使用した工程の調査

T2管理図の個々の点は、複数の変数を表す複合値です。そのため、管理外のデータ点を解釈したり、結合された点の値に各変数がどれだけ寄与しているのかの判断したりするのが難しい場合があります。すべての変数が原因で点が管理外となることもあれば、1つの極端な変数によって複合値が歪むこともあります。

特定の変数が、プロットされた管理外データ点に寄与しているかどうかを調べるために、Minitabでは、T2統計量を分解することによって各変数の寄与度を特定します。分解が行われるのは、履歴ステージに2つ以上の観測値が存在する場合に限られます。

分解されたT2値は保存できます。保存を選択すると、すべての管理外データ点について、各変数の寄与度が表示されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください