サブグループデータの工程変動の推定

サブグループ単位でデータを収集する場合、次の方法で工程変動を推定できます。
S(標準偏差)の平均
S(標準偏差)の平均は、サブグループ標準偏差の平均です。デフォルトでは、S管理図またはXbar-S管理図を作成する場合、S(標準偏差)の平均を使用して、工程の標準偏差が推定されます。
R(範囲)の平均
R(範囲)の平均は、サブグループ範囲の平均です。デフォルトでは、R管理図またはXbar-R管理図を作成する場合、R(範囲)の平均を使用して、工程の標準偏差が推定されます。
併合標準偏差
併合標準偏差は、サブグループ標準偏差の重み付き平均です。重み付けを行うと、より大きなグループが全体の推定値に対して比例的に大きな影響力を持つようになります。併合標準偏差は、工程能力分析および一部の管理図で使用されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください