管理図の管理限界は、工程変動を表し、工程が管理外になっている場合を示します。

管理限界は中心線の上下に位置する水平方向のラインで、工程が管理外にないかどうかを判断するために使われます。上側管理限界および下側管理限界は、工程のランダム変動に基づきます。デフォルトで、管理限界は中心線から上下3標準偏差の位置に表示されます。

たとえば、このXbar管理図には、ある期間に製造されたカム軸の長さが表示されています。2つの点が上側管理限界より上にあります。これらの管理外の点は、これらのサブグループのカム軸が期待値よりも長いことを示しています。

管理限界と規格限界を混同しないようにしてください。管理限界は工程変動に基づきます。規格限界は顧客の要件に基づきます。したがって、工程は、正常に管理されているにも関わらず規格限界を満たさない場合があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください