Box-Coxを使用してゾーン管理図の非正規データを変換する

統計 > 管理図 > 計量管理図 - サブグループ > ゾーン > ゾーンオプション > Box-Cox
非正規データをBox-Cox変換で変換します。変換は通常、サブグループを含む管理図の場合には不要です。ただし、データの歪みが大きい場合は、Box-Cox変換を使用できます。

履歴パラメータを指定する場合は、Box-Cox変換を使用できません。

Box-Cox変換を使用するには、Box-Cox変換を使用 (W = Y^λ)を選択してから、Minitabでデータの変換のために使用されるラムダ(λ)値を選択します。

  • λ= 0 (ln): データの自然対数を使用します。
  • λ= 0.5 (平方根): λ = 0.5(平方根)を使用します。
  • 最適のλ: 最適適合変換となる最適なλを使用します。Minitabでは、最適λを0.5または直近の整数に四捨五入します。
  • 各ステージの最適λ (管理図にステージがある場合): 管理図の各ステージで最適適合変換となる最適λを使用します。Minitabでは、最適λを0.5または直近の整数に四捨五入します。
  • その他 (-5~5の範囲の値を入力): λの値を入力します。その他の共通の変換は、二乗(λ = 2)、逆平方根(λ = -0.5)、および逆関数(λ = -1)です。管理図にステージがある場合は、ステージごとに別個のλを入力できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください