ある缶詰工場の品質エンジニアが、缶詰工程が正常に管理されているかどうかを評価します。エンジニアは1時間ごとに10缶から成るサブグループを収集します。サブグループ内(缶ごとの)変動を最小化するため、任意のサブグループの缶は短時間で収集します。

品質エンジニアは、缶の重量を監視するためにXbar-S管理図を作成します。

  1. サンプルデータを開き、缶重量.MTW.
  2. 統計 > 管理図 > 計量管理図 - サブグループ > Xbar-Sを選択します。
  3. ドロップダウンリストから、すべての観測値が1つの列にあるを選択して、重量を入力します。
  4. サブグループサイズサブグループIDを入力します。
  5. Xbar-Sオプションをクリックします。
  6. 検定タブで、1点>中心線からのK標準偏差(テスト1)、連続するK点が中心線の片側にある(テスト2)および連続するK点が中心線から1標準偏差内にある (両側)(テスト7)を選択します。
    特定の状況にどのテストを適用すべきかわからない場合は、最初にデータに基づく管理限界を確立するときに、テスト1、2、7を使用します。管理限界が確立されたら、これらの限界の既知の値を使用できるため、テスト7は必要なくなります。
  7. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

まずS管理図を解釈します。すべての点は管理限界内にあり、点はランダムパターンを示しています。したがって、工程変動は正常に管理されており、Xbar管理図で工程中心を調べることができます。

Xbar管理図では、1点がテスト1で不合格になります(1点が中心線から3標準偏差を超えています)。

重量のXbar-S管理図

重量Xbar管理図の検定結果

検定1。1点が中心線から3.00標準偏差を超えています。 検定が不合格となった点: 3 * 警告 * 新しいデータでグラフが更新された場合、上記の結果が正しくなくなることが あります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください