I-MR-R/S管理図の概要

I-MR-R/S管理図は、各サブグループが異なる部品またはバッチを表すときに、工程の平均およびサブグループ間またはサブグループ内の変動を監視するために使用します。この管理図を使用して、時間の経過に伴う工程の安定性を監視することで、工程における不安定性を特定、是正することができます。

建築用鋼梁メーカーが各梁に防食処理の塗装を施します。技師が15本の梁の3か所で塗膜の厚さを測定します。1本の梁のみの塗膜の厚さの変動と、すべての梁の塗膜の厚さの変動を監視するので、I-MR-R/S管理図を使用します。

この管理図は、I管理図の管理外の点で表されるように、塗装工程が安定していないことを示しています(グラフの最初の管理図)。

この管理図の場所

I-MR-R/S管理図を作成するには、統計 > 管理図 > 計量管理図 - サブグループ > I-MR-R/S (サブグループ間/内)を選択します。

代替管理図を使用する場合

  • データが不良または欠陥の度数である場合は、P管理図U管理図などの計数管理図を使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください