Z-MR管理図のパラメータを推定する方法を指定する

統計 > 管理図 > 計量管理図 - 個別 > Z-MR > Z-MRオプション > 推定

観測値のグループを定義する方法

Minitabには、4通りの工程標準偏差推定方法が用意されています。特定の工程/製品特性に基づいて、推定方法を選択する必要があります。[パラメータ]ダイアログボックスで経験値を入力することもできます。

  • 実行別: 特定部品または製品のすべての実行が同一分散を有することを仮定できない場合に使用します。この方法は、各実行のσが個別に推定されます。
  • 部品別 (同じ部品の観測値を組み合わせる): 特定部品または製品のすべての実行が同一分散を有する場合に使用します。この方法は、同じ部品または製品のすべての実行をまとめ、そのσが推定されます。
  • 定数 (すべての観測値を組み合わせる): 工程のすべての出力が測定値の大きさに関係なく同一の分散を有する場合に使用します。この方法は、複数の実行および部品にわたってすべてのデータを合算して、1つのσ共通推定値が計算されます。
  • サイズ別 (すべての観測値を組み合わせる、対数を使用): 測定値が増加するにつれて、分散がほぼ一定に増加する場合に使用します。この方法は、データを自然対数変換し、すべての実行および部品にわたって変換されたデータを合算して、変換されたデータに対する1つのs共通推定値が計算されます。

標準偏差の推定方法

管理限界の計算に使用する標準偏差を推定する方法を選択します。

サブグループサイズ = 1
  • 平均移動範囲: 移動範囲平均は、2つ以上の連続する点の移動範囲の平均値です。この方法は、サブグループサイズが1の場合に使用します。
  • 中央値移動範囲: 移動範囲中央値は、2つ以上の連続する点の移動範囲の中央値です。この方法は、データの範囲が移動範囲の平均に影響を及ぼすほど極端な場合に使用します。

移動範囲の長さを指定する

移動範囲の長さに、移動範囲の計算に使用する観測値の数を入力します。デフォルトの長さは2です。これは、連続した値が似た値になる可能性が最も高いからです。長さは 100でなければなりません。

データが周期的な場合は、別の長さの移動範囲の使用を検討します。たとえば、四半期別データを収集する場合、長さ4の移動範囲を使用して、確実に各季節の観測値の1つを計算に含めることができます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください