EWMA(指数重み付き移動平均)管理図の例

あるプラスチック製造会社の品質エンジニアが、バッチ工程が正常に管理されていることを確認したいと考えています。エンジニアは、35バッチのすべてについて各バッチの色素濃度を測定します。

  1. サンプルデータ色素濃度.MTWを開きます。
  2. 統計 > 管理図 > 時間重み付き管理図 > EWMA (指数重み付き移動平均)を選択します。
  3. ドロップダウンリストから、すべての観測値が1つの列にあるを選択して、色素を入力します。
  4. サブグループサイズに「1」と入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

色素データの場合、管理外の点はありません。ただし、工程水準のシフトはサブグループ26で開始しています。エンジニアは特殊原因による変動について、この工程を調べる必要があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください