T管理図の比率の経験値を入力する

統計 > 管理図 > 希少事象管理図(Rare Event Charts) > T > T管理図オプション > パラメータ

T管理図の基となる分布を選択して、中心線と管理限界の計算に使用されるパラメータの経験値を入力します。値を入力しない場合は、データから形状とスケールが推定されます。

次の分布に基づいてチャートを作成
ワイブルまたは指数を選択します。指数分布は、形状パラメータが1のワイブル分布に相当します。指数分布を選択すると、分布の形状パラメータが1に設定されます。
形状(ワイブル分布のみ)
ワイブル分布の形状パラメータの経験値を入力します。形状は0より大きくなければなりません。0.5~2の経験値が最も現実的です。1つの値を入力した場合、すべてのステージでその値が使用されます。それ以外の場合は、各ステージに値を入力します。
尺度
スケールパラメータの経験値を入力します。スケールは0より大きくなければなりません。スケールの経験値はデータの平均値とほぼ等しくします。1つの値を入力した場合、すべてのステージでその値が使用されます。それ以外の場合は、各ステージに値を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください