ある大都市の病院は、針刺し事故数を減らすための厳密な手順を導入しました。針刺し事故は、医療専門家が採血、投薬、または使用済み針の廃棄を行うときに発生する可能性があります。新しい手順の効果を監視するため、病院のスタッフは各針刺し事故の日時を記録します。

スタッフが針刺し事故の割合を監視するため、T管理図を作成します。

  1. サンプルデータ針刺し事故.MTWを開きます。
  2. 統計 > 管理図 > 希少事象管理図(Rare Event Charts) > Tを選択します。
  3. 変数針刺し事故の日時を入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

1点がテスト2(連続する9点が中心線の同じ側にある)で不合格になります。この間、針刺し事故の割合は予想よりも低くなっていました。

針刺し事故の日時のT管理図

針刺し事故の日時のT管理図の検定結果

検定2。9点が中心線の同じ側にあります。 検定が不合格となった点: 39 * 警告 * 新しいデータでグラフが更新された場合、上記の結果が正しくなくなることが あります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください