感染や外科合併症などの機会数(多くの場合、希少事象間の日数)を監視するには、G管理図を使用します。P管理図やU管理図などの従来の管理図で希少事象を監視する場合、正確な管理限界を確立するには大量のデータが必要になります。したがって、事象の度数の異変を検出できるだけの希少事象データを収集するのに数か月あるいは数年かかる場合があります。G管理図では、希少事象の特殊原因を検出するために大量のデータを収集する必要はありません。

たとえば、病院が緊急治療室での投薬ミスの数を監視して、ミスの数が長期間にわたって低いままであることを確認するとします。病院のスタッフは、緊急治療室での各投薬ミスの日を記録します。このデータは希少事象データであるため、スタッフはG管理図を使用して過誤率を追跡します。

この管理図の場所

G管理図を作成するには、統計 > 管理図 > 希少事象管理図(Rare Event Charts) > Gを選択します。

代替管理図を使用する場合

データが各事象の正確な時刻と日付であるか、または事象間の経過時間である場合は、T管理図を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください