T²-一般化分散管理図の統計量を保存する

統計 > 管理図 > 多変量管理図 > T<sup>2</sup>一般化分散 > T²-GVオプション > 保存

分析で得られた統計量は、ワークシートに保存して、他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにすることができます。Minitabでは、データの最後の列の後にその統計量を保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数字が大きくなります。 

各チャートの推定値を保存

管理図にステージが含まれている場合、Minitabでは、ステージごとに別々に行列を保存します。
平均
推定値または履歴工程平均を保存します。Minitabでは、これらの値を[MEAN]列に保存します。
共分散行列
推定共分散行列を保存します。Minitabでは、これらの値を行列[COVA]に保存します。管理図にステージが含まれている場合、Minitabでは、ステージごとに別個の行列を保存します。

各点の値を保存

プロットされた点
プロットされた各点の値を保存します。Minitabでは、これらの値を[PPOI]列と[PPOI_1]列に保存します。
中心線の値
中心線の値を保存します。Minitabでは、これらの値を[CENL]列と[CENL_1]列に保存します。
管理限界値
管理限界値を保存します。Minitabでは、これらの値を[CONL]列、[CONL_1]列、以下同様に保存します。
ステージ
各ステージの名前または番号を保存します。Minitabでは、これらの値を[STAG]列に保存します。
サブグループサイズ
各サブグループのサイズを保存します。Minitabでは、これらの値を[SSIZ]列に保存します。
検定結果
特別原因についてのテストそれぞれの結果を保存します。Minitabでは、点がテストに不合格の場合には1を、点がテストに不合格ではない場合には0を保存します。これらの値は、[TRES]列、[TRES_1]列、以下同様に保存されます。
分解されたT²値
分解されたT2値を保存します。プロットされた各点について1つの値が保存されます。Minitabでは、管理図内の各変数の値の1列を保存します。列名は、PROPで始まります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください