T²-一般化分散管理図の例

ある品質エンジニアが、自社が製造するプラスチックシートの耐裂性、光沢、不透明度の変動を監視したいと考えています。エンジニアは、10日間にわたって1日に4枚のシートを測定します。以前の分析により、これらの変数は相関していることが分かっています。

品質技師は、T2一般化分散を作成して、10日間のプラスチックシートの耐裂性、光沢、不透明度の平均および変動を同時に監視します。

  1. サンプルデータを開く、プラスチックシート.MTW.
  2. 統計 > 管理図 > 多変量管理図 > T<sup>2</sup>一般化分散を選択します。
  3. 変数に、引き裂き 光沢 不透明度を入力します。
  4. サブグループサイズサブグループを入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

品質技師は一般化分散管理図を最初に調べます。一般化分散管理図に工程変動が正常に管理されていないことが示されている場合、T2管理図の管理限界は不正確になります。

耐裂性、光沢、不透明度の複合変動は、点6で上側管理限界を超えています。技師は変動が正常に管理されていない理由を調べ、T2管理図を解釈する前に問題を修正する必要があります。

引き裂き, ..., 不透明度のT²-一般化分散管理図

引き裂き, ..., 不透明度の一般化分散管理図の検定結果

検定。1点が管理限界を超えています。 検定が不合格となった点: 6 * 警告 * 新しいデータでグラフが更新された場合、上記の結果が正しくなくなることが あります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください