多変量EWMA管理図の主要な結果を解釈する

多変量EWMA管理図を解釈するには、次の手順を実行します。主要な出力には、多変量EWMA管理図、テスト結果などがあります。

ステップ1: 工程の小さなシフトを特定する

多変量EWMA(指数重み付き移動平均)では、指数重み付き管理図の複数の関連する工程特性を同時に監視します。管理図は、プロットされた点と上側管理限界からなります。管理図では、各MEWMA点には、以前の全サブグループまたは全観測値からの情報が、ユーザーが指定した重み付け因子と共に取り込まれます。

赤い点は、上側管理限界より上にあり正常に管理されていないサブグループを示しています。多変量管理図の欠点の1つは、そのスケールがどの変数のスケールとも関連しておらず、管理外信号にその信号の原因となった変数(または変数の組み合わせ)が示されないという点です。

これらの結果では、2点が上側管理限界より上にあり、この工程に小さなシフトが存在することを示しています。赤い点にポインタを置くと、そのサブグループの詳細が表示されます。多変量EWMA管理図は、サブグループ2から3の間の急上昇と、4から9の間に減少を示しています。

ステップ2: テストで不合格となった点を特定する

上側管理限界より上にあるサブグループを調べます。セッションウィンドウ出力には、どの点が上側管理限界より上にあるかが表示されます。

検定。1点が管理限界を超えています。 検定が不合格となった点: 2, 3, 4, 5, 6, 7 * 警告 * 新しいデータでグラフが更新された場合、上記の結果が正しくなくなることが あります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください