一般化分散管理図の方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

プロットされた点

|Si|。サンプルiのサンプル共分散行列の行列式です。

サブグループが存在しない場合、一般化分散管理図のすべての計算式は計算できません。この場合、すべてのデータの共分散行列から、適切な列平均を引き、適切な分散の平方根で割ってすべての値が標準化されます。

一般化分散管理図の詳細は、Montgomeryによる1を参照してください。

中心線

|S|。サンプル共分散行列の行列式です。

管理限界

下側管理限界(LCL)

ここで、

最小LCL値は0です。

上側管理限界(UCL)

表記

用語説明
p 変数の数
n 各サブグループの観測値数

Box-Coxの方法と計算式

Box-coxの計算式

Box-Cox変換を使用する場合、Minitabでは、次の計算式に従って元のデータ値(Yi)を変換します。

ここでλは、変換のパラメータです。次にMinitabでは、変換されたデータ値(Wi)の管理図を作成します。Minitabでλの最適値を選択する方法については、ボックス-コックス変換の方法と計算式を参照してください。

共通のλ

次の表に、使用される一般的なλの値とその変換式を示します。
λ 変換
2
0.5
0
−0.5
−1
1 D.C. Montgomery (2001). Introduction to Statistical Quality Control, 4th edition. John Wiley & Sons.
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください