一般化分散管理図の例

ある品質エンジニアが、自社が製造するプラスチックシートの耐裂性、光沢、不透明度の変動を監視したいと考えています。エンジニアは、10日間にわたって1日に4枚のシートを測定します。以前の分析により、これらの変数は相関していることが分かっています。

エンジニアが10日間にわたってプラスチックシートの耐裂性、光沢、不透明度の変動を監視するために、一般化分散管理図を作成します。

  1. サンプルデータプラスチックシート.MTWを開きます。
  2. 統計 > 管理図 > 多変量管理図 > 一般化分散を選択します。
  3. 変数に、引き裂き 光沢 不透明度を入力します。
  4. サブグループサイズサブグループを入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

耐裂性、光沢、不透明度の複合変動は、点6で上側管理限界を超えています。変動が正常に管理されていない理由を調べ、問題を修正する必要があります。

引き裂き, ..., 不透明度の一般化分散管理図の検定結果

検定。1点が管理限界を超えています。 検定が不合格となった点: 6 * 警告 * 新しいデータでグラフが更新された場合、上記の結果が正しくなくなることが あります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください