ボックス-コックス変換のすべての統計量およびグラフ

Box-Cox変換で使用されるすべての統計量およびグラフの定義と解釈について解説します。

プロットされた点

プロットは、標準化された変換値Ziの推定標準偏差を表します。詳細は、「方法と計算式」を参照してください。

解釈

プロットのX軸はλ値を表し、Y軸は標準化された変換値Ziの推定標準偏差を表します。

下側管理限界と上側管理限界

下側管理限界は、λの95%信頼区間の下側信頼限界です。上側管理限界は、区間の上側信頼限界です。両方の信頼限界は、垂直方向の点線でプロットに表示されます。各限界の値は表で示されます。

限界

「限界」のラベルの付いた水平方向の破線は、下側管理限界または上側管理限界と等しいλの値を使用して得られる、標準化された変換値Ziの推定標準偏差を表します。信頼区間内のすべてのλ値は、限界線より下の標準偏差になります。

推定

Minitabでは、λの最適値が推定されます。最適値とは、標準化された変換値Ziの推定標準偏差を最小化する値です。詳細は、「方法と計算式」を参照してください。

丸められた値

λの適切に丸められた値が信頼区間内にある場合は、最適値の代わりに丸められた値を使用できます。丸められたλ値は、平方根(λ = 0.5)や自然対数(λ = 0)などのわかりやすい変換に対応します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください