ボックス-コックス変換のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

追加データに関する考慮事項では、特定の管理図に適したトピックを参照してください。

値はすべて0より大きくなければなりません。
データ値が0未満の場合はジョンソン変換を使用します。
データは連続変数用でなければならない
Box-Cox変換は、多変量工程データなどの連続工程データを使用できます。データはサブグループ内に収集するか、または個別の観測値として収集することができます。Box-Cox変換は、属性データまたは生の現象データには適していません。詳細は管理図の対象データのタイプを参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください