あるコールセンターの責任者は、顧客からの電話への対応工程を評価したいと考えています。責任者は、21日間の着信総数および対応されなかった電話の数を記録します。責任者は、対応されなかった電話の比率を監視するためにP管理図を作成します。

  1. サンプルデータを開く対応されなかった電話.MTW
  2. 統計 > 管理図 > 計数管理図 > Pを選択します。
  3. 変数対応されなかった電話を入力します。
  4. サブグループサイズ総通話数を入力します。
  5. P管理図オプションをクリックします。
  6. 検定タブをクリックし、1点>中心線からのK標準偏差(テスト1)および連続するK点が中心線の片側にある(テスト2)を選択します。
    特定の状況でどのテストを適用すべきかわからない場合は、最初にデータに基づく管理限界を確立するときに、テスト1と2を使用します。
  7. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

管理図は、平均で9.57%の電話に対して応答がないことを示しています。サブグループの比率で管理限界の外側にあるものはありません。さらに、限界内の点はランダムパターンを示しています。このP管理図には、管理の欠如を示す証拠は何も示されていません。したがって、工程は管理されています。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください