P管理図診断のデータを入力する

統計 > 管理図 > 計数管理図 > P管理図診断

工程データとサブグループサイズを入力する

分析するデータを指定するには、次の手順を実行します。

  1. 変数に、工程データが入力されている列を入力します。各行には、1つのサブグループの不良品数が入力されています。複数の列を入力すると、列ごとに別個のP管理図診断テストが作成されます。
  2. サブグループサイズで、次のいずれかを実行します。
    • すべてのサブグループのサイズが同じ場合は、そのサイズ(たとえば、55)を入力します。
    • 各サブグループのサイズが入力されている列を入力します。
このワークシートの[不合格部品]列には、各サブグループの欠陥品の数が入力されています。また[サンプル部品]列には、各サブグループごとに抽出された部品の合計数が入力されます。
C1 C2
不合格部品 サンプル部品
9 120
8 110
5 110
6 115

パラメータを推定するサブグループを指定する

すでに修正済みの特別原因のために一部のサブグループに不規則データが含まれている場合は、それらのサブグループを計算から除外し、パラメータの推定値が不正確になるのを防ぐことができます。

  1. ドロップダウンリストから、除外するサブグループまたは含めるサブグループをリストするかどうかを指定します。
    • 除外するサブグループをリストするには、パラメータ推定時に次のサブグループを除外する: (例、3 12:15)を選択します。
    • 含めるサブグループをリストするには、パラメータ推定時に次のサブグループを使用する: (例、3 12:15)を選択します。
  2. サブグループをリストします。コロンを使用してサブグループの範囲を示します。各サブグループまたはサブグループの範囲の間にスペースを挿入します。
    たとえば、サブグループ4、7、11、12、13、14を指定するには、「4 7 11:14」と入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください