ある小規模な病院の責任者は、病院のカルテの誤りの数が正常に管理されていることを確認したいと考えています。責任者は、1日に記入されるカルテの合計数と不完全または不正確なカルテ(不良)の数を記録します。

平均サブグループサイズは2500を超えています。カルテの数が多いため、責任者はp管理図診断検定を使用して過分散かどうか検定します。

  1. サンプルデータ不良カルテ.MTWを開きます。
  2. 統計 > 管理図 > 計数管理図 > P管理図診断を選択します。
  3. 変数に、不良を入力します。
  4. サブグループサイズに、カルテ合計を入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

期待変動に対する観測変動の比率は184.3%です。この値は、上側信頼限界値129.4%より大きいため、過分散があることを示します。過分散の場合、従来のP管理図上の点は、管理外ではないのに管理外のように見えることがあります。過分散に合わせて調整するため、責任者は、従来のp管理図の代わりにLaney P'管理図を使用して不良カルテを監視する必要があります。

過分散および過小分散についての詳細は、過分散と過小分散を参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください