非正規工程能力シックスパックにおける全体の工程能力測定の方法と計算式

Pp

Ppは、指定されたパラメータ値を使用して計算されるか、分析に使用される分布の最尤法を使用して推定されます。Minitabでは、Pp統計は、ツール > オプション > 管理図と品質ツール > 工程能力分析で選択された設定に応じて、Minitab法(デフォルト)またはISO法を使用して計算されます。次の計算式は、デフォルトの許容限界K=6に基づいていm。デフォルトでの許容限界の幅は6標準偏差(工程平均のそれぞれの側で3標準偏差)。

Minitab法

表記

用語説明
ZlslΦ–1(p1)
Zusl Φ–1(p2)
Φ–1(p)p * 標準正規分布の第100百分位数
p1 Prob (X ≤ LSL)
p2 Prob (X ≤ USL)
XXは分析に使用される分布に従う

ISO法

表記

用語説明
USL上側規格限界
LSL下側規格限界
X0.99865指定された分布の99.865百分位数
X0.00135指定された分布の0.135百分位数

Ppk

期待される全体性能のPPM合計

規格限界外にあると期待される、100万個あたりの部品数は、次のように計算されます。

PPM Total(全体期待) = PPM < LSL(全体期待) + PPM > USL(全体期待)

PPM Total(期待全体) = [1,000,000 * F(LSL)]+ [1,000,000 * (1 – F(USL))]

表記

用語説明
F(X)推定パラメータまたは指定パラメータに基づいて分析で使用される分布の累積分布関数(CDF)
LSL下側規格限界
USL上側規格限界
PPM100万個あたりの部品数

ベンチマークZ Z.LSL Z.USL

工程能力全体のベンチマークZ統計量は、対応する統計量の標準正規(0,1)分布を使用してZ値を見つけることによって計算されます。

PPLとPPUは分析で使用される方法(ISOまたはMinitab)に基づいています。詳細は、非正規能力分析における全体の工程能力測定の方法と計算式を参照してください。計算式は、デフォルトの許容限界K=6に基づいています。デフォルトでの許容限界の幅は6標準偏差(工程平均のそれぞれの側で3標準偏差)。

表記

用語説明
P1分析で使用される非正規分布および指定するパラメータ(または、データから推定されるパラメータ)に基づく確率(観測値 < LSL)
P2分析で使用される非正規分布および指定するパラメータ(または、データから推定されるパラメータ)に基づく確率(観測値 > USL)
Φ (X) 標準正規分布の累積分布関数(CDF)
Φ–1 (X)標準正規分布の逆累積分布関数(ICDF)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください