サブグループ間・内の工程能力シックスパックの標準偏差

サブグループ間/内Capability Sixpackで計算される標準偏差値の定義と解釈について解説します。

標準偏差(全体)

全体の標準偏差は、すべての測定値の標準偏差で、工程の全体の変動の推定値です。データの収集方法が適切であれば、全体の標準偏差によって、系の変動のすべての発生源が捕らえられます。その場合は、顧客が時間の経過に伴って経験する工程の実際の変動を表します。

工程能力分析を実行するときにデータ変換を使用する場合、変換されたデータの全体標準偏差である標準偏差(全体)*も計算されます。

解釈

サブグループ内標準偏差を全体の標準偏差と比較します。サブグループ内標準偏差と全体の標準偏差の間に実質的な差がある場合は、工程が安定していないか、または工程にサブグループ内変動以外の変動要因が存在することを示す可能性があります。管理図を使用して、工程能力分析を実行する前に工程が安定していることを確認します。

Minitabでは、全体標準偏差を使用して、Pp、Ppk、および工程の全体工程能力を示す他の測度を計算します。

標準偏差(サブグループ間)

サブグループ間標準偏差は、サブグループ間の変動の推定値です。

工程能力分析を実行するときにデータ変換を使用する場合、変換されたデータのサブグループ間標準偏差である標準偏差(サブグループ間)*も計算されます。

解釈

サブグループ間標準偏差の値が大きいほど、サブグループ間に存在する変動が大きいことを示します。たとえば、各サブグループを異なるバッチ項目から収集するときにサブグループ間標準偏差が大きい場合は、異なるバッチの項目間の変動量が大きいことを示します。

Minitabでは、サブグループ間変動を使用して、サブグループ間/内変動を計算します。

サブグループ内標準偏差

サブグループ内標準偏差は、サブグループ内の変動の推定値です。データの収集方法が適切であれば、サブグループ内変動が、工具の摩耗や材料のロットの違いなどの工程入力の変動による影響を受けることはありません。この場合、サブグループ内標準偏差は、短期間における工程に固有の自然な変動を表します。また、サブグループ間のシフトやドリフトが排除された場合の工程の潜在的な変動を示します。

工程能力分析を実行するときにデータ変換を使用する場合、変換されたデータのサブグループ内標準偏差である標準偏差(サブグループ内)*も計算されます。

解釈

サブグループ内標準偏差の値が大きいほど、サブグループでの変動が大きいことを示します。たとえば、各サブグループを異なるバッチ項目から収集するとき、サブグループ内標準偏差が大きい場合は、各バッチ内の項目間の変動量が大きいことを示します。

サブグループ内標準偏差は、サブグループ間/内標準偏差を計算するために使用されます。

標準偏差(サブグループ間/内)

サブグループ間/内標準偏差は、サブグループ間の変動とサブグループ内の変動の両方を含む単一の値です。サブグループ間/内標準偏差は、サブグループ間分散とサブグループ内分散の和の平方根です。

工程能力分析を実行するときにデータ変換を使用する場合、変換されたデータのサブグループ間/内標準偏差である標準偏差(サブグループ間/内)*も計算されます。

解釈

サブグループ間/内標準偏差には、工程内の一般的な原因による変動全体の効果が反映されます。

サブグループ間/内標準偏差を全体の標準偏差と比較します。サブグループ間/内標準偏差と全体の標準偏差の間に実質的な差がある場合は、工程が安定していないか、または工程にサブグループ間/内の変動以外の変動要因が存在することを示す可能性があります。管理図を使用して、工程能力分析を実行する前に工程が安定していることを確認します。

Minitabでは、サブグループ間/内標準偏差を使用して、Cp、Cpk、および工程のサブグループ間/内の工程能力を示す他の測度を計算します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください