分析によって得られる統計量は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

保存できる統計量は、その分析の場合に選択したオプションによって異なります。これらの統計量についての詳細は、「すべての統計量とグラフ」を参照してください。

保存できる工程データ統計量

変数名
分析で使用される測定値の列名を保存します。この情報は、列「VarName1」に保存されます。
LSL
下側規格限界を保存します。この値は列「LSL1」に保存されます。下側規格限界を保存します。この値は列「LSL1」に保存されます。
LSL*
変換された下側規格限界を保存します。この値は列「LSL*1」に保存されます。
目標
工程の目標値を保存します。この値は列「Target1」に保存されます。
目標*
工程の変換された目標値を保存します。この値は列「Target*1」に保存されます。
USL
上側規格限界を保存します。この値は列「USL1」に保存されます。
USL*
変換された上側規格限界を保存します。この値は列「USL*1」に保存されます。
平均
工程平均を保存します。この値は列「Mean1」に保存されます。
平均*
変換されたデータの工程平均を保存します。この値は列「Mean*1」に保存されます。
サンプルサイズ
分析で使用されるサンプルサイズを保存します。この値は列「SampleN1」に保存されます。
標準偏差 (サブグループ内)
サブグループ内標準偏差を保存します。この値は列「WStDev1」に保存されます。
標準偏差 (サブグループ内) *
変換されたデータのサブグループ内標準偏差を保存します。この値は列「WStDev*1」に保存されます。
標準偏差 (全体)
全体の標準偏差を保存します。この値は列「OStDev1」に保存されます。
標準偏差 (全体) *
変換されたデータの全体標準偏差を保存します。この値は列「OStDev*1」に保存されます。

保存できる潜在的な(サブグループ内)工程能力統計量

Cpまたはzベンチ
潜在的な工程能力の測度CpまたはベンチマークZを保存します。この値は列「Cp/ZBen1」に保存されます。
Cpまたはzベンチに対する下限
潜在的な工程能力の測度CpまたはベンチマークZの下側信頼境界を保存します。この値は列「LBCp/ZBen1」に保存されます。
Cpまたはzベンチに対する上限
潜在的な工程能力の測度CpまたはベンチマークZの上側信頼境界を保存します。この値は列「UBCp/ZBen1」に保存されます。
CPLまたはZ.LSL
下側規格限界の潜在的な工程能力の測度CPLまたはZ.LSLを保存します。この値は列「CPL/ZL1」に保存されます。
CPUまたはZ.USL
上側規格限界の潜在的な工程能力の測度CPUまたはZ.USLを保存します。この値は列「CPU/ZU1」に保存されます。
Cpk
潜在的な工程能力の測度Cpkを保存します。この値は列「Cpk1」に保存されます。
Cpkに対する下限
潜在的な工程能力の測度Cpkの下側信頼境界を保存します。この値は列「LBCpk1」に保存されます。
Cpkに対する上限
潜在的な工程能力の測度Cpkの上側信頼境界を保存します。この値は列「UBCpk1」に保存されます。
CCpk
工程目標値、規格広がりの中心、または工程の平均値の情報を使用する潜在的な工程能力の測度CCpkを保存します。この値は列「CCpk1」に保存されます。

保存できる全体の工程能力統計量

Cpm
工程目標値の情報を使用する全体の工程能力の測度Cpmを保存します。この値は列「Cpm1」に保存されます。
Cpmに対する下限
全体の工程能力の測度Cpmの下側信頼境界を保存します。この値は列「LBCpm1」に保存されます。
Ppまたはzベンチ
全体の工程能力の測度PpまたはベンチマークZを保存します。この結果は列「Pp/ZBen1」に保存されます。
Ppまたはzベンチに対する下限
全体の工程能力の測度PpまたはベンチマークZの下側信頼境界を保存します。この結果は列「LBPp/ZBen1」に保存されます。
Ppまたはzベンチに対する上限
全体の工程能力の測度PpまたはベンチマークZの上側信頼境界を保存します。この結果は列「UBPp/ZBen1」に保存されます。
PPLまたはZ.LSL
下側規格限界の全体の工程能力の測度PPLまたはZ.LSLを保存します。この値は列「PPL/ZL1」に保存されます。
PPUまたはZ.USL
上側規格限界の全体の工程能力の測度PPUまたはZ.USLを保存します。この値は列「PPU/UL1」に保存されます。
Ppk
全体の工程能力の測度Ppkを保存します。この値は列「Ppk1」に保存されます。
Ppkに対する下限
全体の工程能力の測度Ppkの下側信頼境界を保存します。この値は列「LBPpk1」に保存されます。
Ppkに対する上限
全体の工程能力の測度Ppkの上側信頼境界を保存します。この値は列「LBPpk1」に保存されます。

保存できる観測された性能の統計量

PPMまたは%<LSL
下側規格限界より小さいことが観測された100万個あたりの部品数(PPM、または観測されたパーセント)を保存します。この値は列「<LSL1」に保存されます。
PPMまたは%>USL
上側規格限界より大きいことが観測された100万個あたりの部品数(PPM、または観測されたパーセント)を保存します。この値は列「>USL1」に保存されます。
PPMまたは%合計
規格限界外であることが観測された100万個あたりの部品数(PPM、または観測されたパーセント)を保存します。この値は列「Total1」に保存されます。

保存できる期待される「サブグループ内」性能の統計量

PPMまたは%<LSL
サブグループ内の変動に基づき、下側規格限界より小さいと期待される100万個あたりの部品数(PPM、または期待されるパーセント)を保存します。この値は列「W<LSL1」に保存されます。
PPMまたは%>USL
サブグループ内の変動に基づき、上側規格限界より大きいと期待される100万個あたりの部品数(PPM、または期待されるパーセント)を保存します。この値は列「W>USL1」に保存されます。
PPMまたは%合計
サブグループ内の変動に基づき、規格限界外と期待される100万個あたりの部品数(PPM、または期待されるパーセント)を保存します。この値は列「WTotal1」に保存されます。

保存できる期待される「全体の」性能の統計量

PPMまたは%<LSL
全体の変動に基づき、下側規格限界より小さいと期待される100万個あたりの部品数(PPM、または期待されるパーセント)を保存します。この値は列「O<LSL1」に保存されます。
PPMまたは%>USL
全体の変動に基づき、上側規格限界より大きいと期待される100万個あたりの部品数(PPM、または期待されるパーセント)を保存します。この値は列「O>USL1」に保存されます。
PPMまたは%合計
全体の変動に基づき、規格限界外であることが期待される100万個あたりの部品数(PPM、または期待されるパーセント)を保存します。この値は列「OTotal1」に保存されます。

保存できるBox-Cox変換の値

Box-Coxλ
Box-Cox変換で使用されるλ値を保存します。この値は列「Lambda1」に保存されます。

保存できるJohnson変換の値

分布タイプ
Johnson変換で使用される分布タイプを保存します。この情報は列「DistType1」に保存されます。
第1形状
Johnson変換で使用される第1形状パラメータを保存します。この値は列「FisrtShape1」に保存されます。
第2形状
Johnson変換で使用される第2形状パラメータを保存します。この値は列「SecondShape1」に保存されます。
位置
Johnson変換で使用される位置パラメータを保存します。この値は列「Location1」に保存されます。
尺度
Johnson変換で使用される尺度パラメータを保存します。この値は列「Scale1」に保存されます。            
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください