正規工程能力分析における観測された性能の方法と計算式

観測された性能のPPM < LSL

測定値が下側規格限界より小さい部品の100万個あたりの数は、次のように計算されます。

表記

用語説明
LSL下側規格限界
N合計観測値数

観測された性能のPPM > USL

測定値が上側規格限界より大きい部品の100万個あたりの数は、次のように計算されます。

表記

用語説明
USL上側規格限界
N合計観測値数

観測された性能のPPM合計

規格限界外にある100万個あたりの合計部品数は、次のように計算されます。

表記

用語説明
LSL下側規格限界
USL上側規格限界
N合計観測値数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください