多重変数の正規工程能力分析における全体の工程能力測定の方法と計算式

Pp

表記

用語説明
USL上側規格限界
LSL下側規格限界
Tolerσ公差の乗数(デフォルト値として6が使用されます)
全体の標準偏差

PPL

表記

用語説明
工程平均(サンプルデータから推定、または経験値)
LSL下側規格限界
Tolerσ公差の乗数(デフォルト値として6が使用されます)
全体の標準偏差

PPU

表記

用語説明
USL上側規格限界
工程平均(サンプルデータから推定、または経験値)
Tolerσ公差の乗数(デフォルト値として6が使用されます)
全体の標準偏差

Ppk

Cpm

Cpmは、目標が設定されている場合にのみ使用できます。Cpmは、LSL、USL、およびTの既知の値に基づいて計算されます。

既知の値 Cpm
LSLとUSLのみ *
LSL、USL、およびT = m
LSL、USL、およびT ≠ m
USLとTのみ
LSLとTのみ
LSLまたはUSLのみ *

表記

用語説明
*欠損値
USL上側規格限界
LSL下側規格限界
mUSLとLSLの中間点
T目標値
Xiji番目のサブグループ内のj番目の観測値
nii番目のサブグループ内の観測値数
Tolerσ公差の乗数(デフォルト値として6が使用されます)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください