多重変数の正規工程能力分析のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

データは連続量である

連続データは、小数値や10進数値を含め、潜在的に連続スケールでの一定範囲内の任意の数値をとる測定値です。一般的な例としては、長さ、重量、および温度などの測定値があります。温度測定

不良または欠陥の度数などの属性データがある場合は、二項分布の工程能力分析またはポアソン分布の工程能力分析を使用します。

十分なデータを収集して工程能力の信頼できる推定値を取得する
サイズが4のサブグループを25、またはサイズが3のサブグループを35など、変数ごとに少なくとも100個の合計データ点(サブグループサイズ * サブグループ数)を収集してください。十分に長い期間をかけて十分な量のデータを収集しない場合、そのデータはさまざまな工程変動要因を正確には代表しておらず、推定値は真の工程能力を示していない可能性があります。
データは、可能であれば合理的なサブグループで収集される
合理的なサブグループは類似する項目で構成される小さいサンプルで、短期間に生成され、工程を代表しています。各サブグループの観測値は、人員、環境、装置など、同じ入力および条件下で収集する必要があります。各サブグループの観測値は、人員、環境、装置など、同じ入力および条件下で収集する必要があります。合理的なサブグループを収集しない場合、サブグループ内の変動は、工程の性質を示す固有の変動ではなく特別原因を反映している可能性があります。
工程は、安定していて管理されている必要がある
現在の工程が安定していない場合、工程能力インデックスを使用して、確実に将来の継続的な工程能力を評価することはできません。 工程が管理されているかどうか不明確な場合は、Xbar-S管理図または正規工程能力シックスパックを使用して工程の安定性を評価してから、この分析を実行してください。
各変数のデータは正規分布に従う
この分析の工程能力推定値は正規分布に基づいています。選択した分布がデータに密接に適合しない場合、工程能力の推定値は正確な値になりません。データが正規分布ではない場合、その工程の工程能力推定値は正確な値になりません。データが非正規の場合は、この分析ののオプションに含まれているBox-Cox変換またはJohnson変換を使用して変換することができます。変換データに正規性があるかどうか、または変換が非正規データに対して有効かどうかを判定するには、個別の分布の識別を使用します。データが非正規で、変換が有効ではない場合は、非正規能力分析を使用することを検討してください。
サブグループ間/内分析の場合は、各サブグループに観測値が2つ以上含まれる
サブグループ間変動をサブグループ内変動と別個に推定することはできないため、少なくとも1つのサブグループに2つ以上の観測値が含まれていない場合、Minitabでは分析を実行できません。
サブグループ間/内分析の場合、すべてのサブグループは、可能であれば同じサイズにされる
データが欠落していたり、サンプルサイズが等しくなかったりするためにサブグループごとにサイズが異なる場合、Minitabでは、最も一般的なサイズのサブグループのみを使用してサブグループ間の変動を推定します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください