非正規能力分析の分析オプションの選択

統計 > 品質ツール > 工程能力分析 > 非正規 > オプション

目標

工程に目標値があれば、その値を入力します。工程能力ヒストグラムと工程データ表に目標値が表示されます。

工程能力統計にK×σの許容限界を使用する K =

公差の幅を標準偏差(σ)の数によって入力します。デフォルトでは、公差は標準偏差の6倍の幅です(工程平均から両側にそれぞれ標準偏差の3倍)。

K値は、両側公差の幅として解釈されます。片側公差を使用する場合は、片側公差値の2倍に相当する両側公差値を入力します。たとえば、3σの片側公差を使用する場合は、「6」と入力します。

入力する許容限界を、実行するすべての工程能力分析のデフォルト設定とする場合は、ツール > オプション > 管理図と品質ツール > 工程能力分析を選択し、デフォルトの許容限界を入力します。

表示

Minitabで表示する工程能力の測度を選択します。
  • 工程能力統計量 (Pp): Ppなどの工程能力統計量を計算して表示します。
  • Zベンチ (σ水準): Zベンチの値を計算して表示します。Zベンチを使用するかどうかは、多くの場合、会社または業界の基準によって異なります。

工程能力分析を実行するときは常にデフォルトでベンチマークZを表示する場合は、ツール > オプション > 管理図と品質ツール > 工程能力分析を選択し、デフォルトの表示設定を変更します。

規格外の期待値と観測値の表示方法を選択します。
  • PPM: 値をPPM(百万分率)で表示します。
  • パーセント: 値をパーセントで表示します。

タイトル

工程能力レポートの新しいタイトルを入力できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください