非正規能力分析のデータの入力

統計 > 品質ツール > 工程能力分析 > 非正規

データの入力

使用するデータに最も当てはまるオプションを選択してください。

単一列

データがワークシートの1つの列にある場合は、次の手順を実行します。

  1. データの配列で、単一列を選択します。
  2. 単一列で、分析する数値データの列を入力します。
このワークシートでは、「直径」にピストンリングの直径が含まれています。
C1
直径
74.030
74.002
74.019
73.992
73.995

サブグループを構成する列

サブグループがワークシートの複数の列にまたがる行に配置されていて、各行が1つのサブグループを表す場合、次の手順を実行します。

データの入力にこのオプションを使用する場合、すべてのサブグループが同じサイズである必要があります。サブグループが行に配置されていて、サイズが異なる場合、必要に応じてワークシートセルに欠損値記号「*」を入力することにより、すべてのサブグループサイズを同じにすることができます。

  1. データの配列で、サブグループを構成する列を選択します。
  2. サブグループを構成する列で、分析する数値データの列を入力します。
このワークシートでは、最初の行にはサブグループ1のピストンリングの直径が含まれています。2行目には、サブグループ2のピストンリングの直径が含まれ、以下同様です。
C1 C2 C3
観測値1 観測値2 観測値3
74.030 73.995 73.988
74.002 73.992 74.024
74.019 74.011 74.021
73.992 74.004 74.005

分布を適合する

ドロップダウンリストから、データに適合する非正規分布を選択します。工程能力の信頼できる推定値を計算するには、選択する分布にデータが従う必要があります。データに最も適合する分布が不確かな場合は、個別の分布の識別を使用します。

非正規データに適切な分布を選択する方法の詳細は、非正規データの工程能力分析を参照してください。

規格限界

分析を実行するには、下側規格限界、上側規格限界、またはその両方を入力する必要があります。

下側規格
製品またはサービスの最小許容値を入力します。測定値がこの値を下回ることが不可能である場合、を選択して下側規格限界を境界として定義します。
上側規格
製品またはサービスの最大許容値を入力します。測定値がこの値を上回ることが不可能である場合、を選択して上側規格限界を境界として定義します。

規格限界を境界として定義すると、Minitabでは、その規格限界/境界に関する期待される工程能力インデックスは、欠損値(*)として報告されます。したがって、測定値が限界を超えることが理論的に不可能な場合のみ、限界を境界として定義します。たとえば、純度は100%を超えることが不可能なため、100%の純度の上側規格限界は境界です。また、純度は0%を下回ることが不可能なため、0%の純度の下側規格限界は境界です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください