非正規能力分析の観測された性能

非正規工程能力分析で使用されるすべての観測された性能の測度の定義と解釈について解説します。

観測された性能のPPM < LSL

観測された性能のPPM < LSLは、測定値が下側規格限界(LSL)より小さい実際の部品数の100万個あたりの数です。

このヒストグラムでは、赤いバーはサンプルデータの下側規格限界より小さい測定値を表しています。

解釈

サンプルデータ中の下側規格限界より小さい不適合品の実際の数を100万個あたりの数として評価するには、観測された性能のPPM < LSLを使用します。

PPM < LSLの値が低いほど、下側規格限界と比較して、工程能力が高いことを示します。測定値が下側規格限界を下回る部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

観測された性能のPPM > USL

観測された性能のPPM > USLは、測定値が上側規格限界(USL)より大きい実際の部品数の100万個あたりの数です。

このヒストグラムでは、赤いバーはサンプルデータの上側規格限界より大きい測定値を表しています。

解釈

サンプルデータ中の上側規格限界より大きい不適合品の実際の数を100万個あたりの数として評価するには、観測された性能のPPM > USLを使用します。

PPM > USLの値が低いほど、上側規格限界と比較して、工程能力が高いことを示します。測定値が上側規格限界を上回る部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

観測された性能のPPM合計

観測された性能のPPM合計は、測定値が規格限界外にある実際の部品数の100万個あたりの数です。PPM合計は、PPM < LSLとPPM > USLの和です。

このヒストグラムでは、赤いバーはサンプルデータの規格限界外にある測定値を表しています。

解釈

サンプルデータ中の規格限界外にある不適合品の実際の数を100万個あたりの数として評価するには、観測された性能のPPM合計を使用します。

PPM合計の値が低いほど、工程能力が高いことを示します。測定値が規格限界外にある部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

また、PPMを使用して、工程内の適合品と不適合品のパーセントを推定することもできます。
PPM %不適合部品 %適合
66807 6.807% 93.193%
6210 0.621% 99.379%
233 0.0233% 99.9767%
3.4 0.00034% 99.99966%

観測された性能の% < LSL

観測された性能の% < LSLは、測定値が下側規格限界(LSL)より小さい実際の部品数のパーセントです。

このヒストグラムでは、赤いバーはサンプルデータの下側規格限界より小さい測定値を表しています。

解釈

サンプルデータ中の下側規格限界より小さい不適合品のパーセントを評価するには、観測された性能の% < LSLを使用します。

% < LSLの値が低いほど、下側規格限界と比較して、工程能力が高いことを示します。測定値が下側規格限界を下回る部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

観測された性能の% > USL

観測された性能の% > USLは、測定値が上側規格限界(USL)より大きい実際の部品数のパーセントです。

このヒストグラムでは、赤いバーはサンプルデータの上側規格限界より大きい測定値を表しています。

解釈

サンプルデータ中の上側規格限界より大きい不適合品のパーセントを評価するには、観測された性能の% > USLを使用します。

% > USLの値が低いほど、上側規格限界と比較して、工程能力が高いことを示します。測定値が上側規格限界を上回る部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

観測された性能の%合計

観測された性能の%合計は、測定値が規格限界外にある実際の部品のパーセントです。%合計は、% < LSLと% > USLの和です。

このヒストグラムでは、赤いバーはサンプルデータの規格限界外にある測定値を表しています。

解釈

サンプルデータ中の規格限界外にある不適合品のパーセントを評価するには、観測された性能の%合計を使用します。

%合計の値が低いほど、工程能力が高いことを示します。測定値が規格限界外にある部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください