多重変数の非正規工程能力分析の分布パラメータを推定する方法を指定する

統計 > 品質ツール > 工程能力分析 > 多重変数 (非正規) > 推定

Minitabを使用して工程能力分析で使用する非正規分布のパラメータを推定するか、または以下のパラメータの一部またはすべてを入力することができます。このとき、定数としてパラメータ値を直接入力するか、値が含まれている列を入力します。列内の定数または値の数は、パラメータの数と等しくする必要があります。

  • 分布のパラメータを推定する: サンプルデータから分布パラメータを推定します。Minitabでは、以下で指定しないパラメータをすべて推定します。
    形状 (ワイブルまたはガンマ) または尺度 (他の分布) の設定
    選択した分布のタイプに応じて、形状または尺度のパラメータを入力します。形状パラメータは、歪みなどの分布の形状に影響します。
    位置の設定
    3-パラメータ分布を選択した場合は、しきい値パラメータを入力します。しきい値パラメータによって、データ分布の最小位置を設定します。

    分布の形状、スケール、またはしきい値の詳細は、多重変数の非正規工程能力分析の工程データを参照し、関心のあるパラメータをクリックしてください。

  • 経験値を使用する: パラメータの経験値を指定します。表示されるパラメータ順に定数または列を入力します。すべての変数で同じパラメータ値を共有する場合は、定数または単一列を入力することができます。各変数には異なるパラメータ値が指定されている場合は、変数ごとに別個の列を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください