サブグループ間・内の工程能力分析の主要な結果を解釈する

サブグループ間/内工程能力分析を解釈するには、次の手順を実行します。主要な出力には、ヒストグラム、正規曲線、および工程能力インデックスが含まれます。

ステップ1: データに問題があるか確認する

工程が安定しており、元の(または変換された)工程データが正規分布に従っている必要があります。ヒストグラムと適合された正規曲線を使用して、潜在的な問題を簡単な方法で調べることができます。
重要

これらの要件のより徹底的な分析を行うには、サブグループ間・内の工程能力シックスパックを使用します。

データの分布を視覚的に調べる

実線による全体の曲線をヒストグラムのバーと比較して、データがほぼ正規性を示すかどうかを評価します。曲線からのバーの変動が大きい場合は、そのデータに正規性はなく、その工程の工程能力の推定値は信頼できない可能性があります。データが非正規性を示すように見える場合は、個別の分布の識別を使用して、データを変換するか、または非正規分布を適合させて工程能力分析を実行する必要があるかどうかを判断します。

うまくあてはまる
よくあてはまらない

サブグループ間/内の工程能力分析でBox-Coxオプションを使用して、非正規データを変換することができます。非正規分布をデータに適合するには、非正規能力分析を使用します。

サブグループ間/内曲線と全体の曲線を比較する

実線による全体の曲線を破線によるサブグループ間/内曲線と比較して、それらの曲線がほぼ一致するかどうかを確認します。サブグループ間/内曲線と全体の曲線の間に実質的な差がある場合は、工程が安定していないか、または工程にサブグループ間/内の変動以外の変動要因が存在することを示す可能性があります。管理図を使用して、工程能力分析を実行する前に工程が安定していることを確認します。

ほぼ一致している
あまり一致していない

ステップ2: 工程の観測された性能を調べる

工程能力ヒストグラムを使用して、サンプル観測値を工程要件と視覚的に比較します。

工程広がりを調べる

ヒストグラムでデータと下側および上側規格限界との関係を視覚的に調べます。データの広がりが規格広がりより狭く、すべてのデータが規格限界内にあるのが理想的です。規格限界外のデータは不適合項目を表します。

このヒストグラムでは、工程広がりが規格広がりよりも大きく、これは工程能力が低いことを示しています。ほとんどのデータは管理限界内にありますが、下側規格限界(LSL)より低い不適合品や上側規格限界(USL)より高い不適合品があります。

工程における不適合品の実際数を調べるには、PPM < LSL、PPM > USL、およびPPM合計の結果を使用します。詳細は、「すべての統計量およびグラフ」を参照してください。

工程の中心を評価する

工程が規格限界の間で中心化されているか、または目標値がある場合にはその目標値で中心化されているかどうかを評価します。データの中心は、分布曲線のピークにあり、サンプル平均によって推定されます。

このヒストグラムでは、サンプル観測値は規格限界内にありますが、分布曲線のピークは目標で中心化していません。ほとんどのデータは目標値を上回っています。

ステップ3: 工程能力を評価する

工程が要件をどの程度満たしているかを評価するには、主要な工程能力インデックスを使用します。

サブグループ間/内工程能力を評価する

位置と広がりの両方を考慮して、サブグループ間/内工程能力を評価するには、Cpkを使用します。一般に、Cpk値が高いほど工程能力が高いことを示し、Cpk値が低いほどその工程を改善する必要があることを示します。

  • Cpkを、工程で許容できる最低値を表すベンチマークと比較します。多くの業界でベンチマーク値1.33が使用されています。Cpkがベンチマークより低い場合、工程の変動を低減したり、位置をシフトするなど、工程を改善する方法を検討します。

  • CpとCpkを比較します。Cpと Cpkがほぼ等しい場合は、その工程は規格限界間の中央に中心があります(中心化)。CpとCpkが異なる場合は、工程は中心化していません。

主要な結果: Cpk

これらの工程データの場合、Cpkは1.09になっています。Cpkが1.33より小さいため、この工程のサブグループ間/内工程能力は顧客の要件を満たしていません。工程は、下側規格限界に近すぎる位置で実行されています。工程が中心化されていないため、CpkはCp(2.76)と等しくなりません。

全体の工程能力を評価する

工程の位置と工程広がりの両方に基づいて工程の全体の能力を評価するには、Ppkを使用します。全体の工程能力は、顧客が長期的に体験する実際の工程性能を示します。

通常、Ppk値が高いほど、工程の能力が高いことを示します。Ppk値が低い場合、工程の改善が必要である可能性があります。

  • Ppkを、工程で許容できる最低値を表すベンチマーク値と比較します。多くの業界でベンチマーク値1.33が使用されています。Ppkがベンチマークより低い場合、工程を改善する方法を検討します。

  • PpとPpkを比較します。PpとPpkがほぼ等しい場合は、その工程は規格限界内で中心化しています。PpとPpkが異なる場合は、工程は中心化していません。

  • CpkとPpkを比較します。CpkがPpkより著しく大きい場合、工程には、サブグループ間とサブグループ内の変動の他に、系の変動のその他の要因が存在する可能性があります。たとえば、工具の摩耗は系の変動要因の1つであり、これにより、製造工程でのサブグループ間/内工程能力(Cpk)が全体の工程能力(Ppk)よりも大きくなる可能性があります。
主要な結果: Ppk

これらの工程データの場合は、Ppk = 0.52となります。Ppkが1.33より小さいため、この工程の全体的な工程能力は顧客の要件を満たしていません。工程が中心化されているため、Ppk ≈ Pp(0.53)となります。ただし、Ppk < Cpk(0.72)の場合は、系の工程変動の追加要因が軽減または排除されれば全体の工程能力を改善可能なことを示しています。

重要

CpkおよびPpkインデックスにより、工程平均に最も近い規格限界に関してのみ工程能力が測定されます。したがって、これらのインデックスは工程曲線の片側のみを表し、工程曲線の他方の側での工程性能は測定されません。工程で下側と上側の両方の規格限界外になる不適合部品が生産される場合は、出力でその他の工程能力の測度を使用して、工程性能をより十分に評価します。詳細は、「すべての統計量およびグラフ」を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください