サブグループ間・内の工程能力分析の期待されるサブグループ間/内性能

サブグループ間/内工程能力分析で使用されるすべての期待されるサブグループ間/内性能の測度の定義と解釈について解説します。

期待されるサブグループ間/内性能のPPM < LSL

期待されるサブグループ間/内性能のPPM < LSLは、測定値が下側規格限界(LSL)より小さいと期待される部品数の100万個あたりの数です。期待されるサブグループ間/内性能値は、サブグループ間/内標準偏差を用いて計算されます。期待されるサブグループ間/内性能のPPM < LSLは、サブグループ間/内工程分布から無作為に抽出された部品の測定値がLSLより小さいという確率の1,000,000倍です。

無作為に抽出された部品がLSLより小さいという確率は、サブグループ間/内正規曲線の下の陰影領域で示されます。

解釈

下側規格限界より小さいと期待される、100万個あたりの不適合品の数を、サブグループ間/内の変動に基づいて推定するには、期待されるサブグループ間/内性能のPPM < LSLを使用します。サブグループ間/内性能の値は、サブグループ間/内の変動以外のシステム工程変動要因が除外できた場合に達成可能な性能を示します。

PPM < LSLの値が低いほど、下側規格限界と比較して、工程能力が高いことを示します。測定値が下側規格限界を下回る部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

期待されるサブグループ間/内性能のPPM > USL

期待されるサブグループ間/内性能のPPM > USLは、測定値が上側規格限界(USL)より大きいと期待される部品数の100万個あたりの数です。期待されるサブグループ間/内性能値は、サブグループ間/内標準偏差を用いて計算されます。期待されるサブグループ間/内性能のPPM > USLは、サブグループ間/内工程分布から無作為に抽出された部品の測定値がUSLより大きいという確率の1,000,000倍です。

無作為に抽出された部品がUSLより大きいという確率は、サブグループ間/内正規曲線の下の陰影領域で示されます。

解釈

上側規格限界より大きいと期待される、100万個あたりの不適合品の数を、サブグループ間/内の変動に基づいて推定するには、期待されるサブグループ間/内性能のPPM > USLを使用します。サブグループ間/内性能の値は、サブグループ間/内の変動以外のシステム工程変動要因が除外できた場合に達成可能な性能を示します。

PPM > USLの値が低いほど、上側規格限界と比較して、工程能力が高いことを示します。測定値が上側規格限界を上回る部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

期待されるサブグループ間/内性能のPPM合計

期待されるサブグループ間/内性能のPPM合計は、測定値が規格限界外にあると期待される部品数の100万個あたりの数です。期待されるサブグループ間/内性能値は、サブグループ間/内標準偏差を用いて計算されます。期待されるサブグループ間/内性能のPPM合計は、サブグループ間/内工程分布から無作為に抽出された部品の測定値が規格限界外にある確率の1,000,000倍です。

無作為に抽出された部品が規格限界外にある確率は、サブグループ間/内正規曲線の下の陰影領域で示されます。

解釈

規格限界外にあると期待される、100万個あたりの不適合品の数を、サブグループ間/内の変動に基づいて推定するには、期待されるサブグループ間/内性能のPPM合計を使用します。サブグループ間/内性能の値は、サブグループ間/内の変動以外のシステム工程変動要因が除外できた場合に達成可能な性能を示します。

PPM合計の値が低いほど、工程能力が高いことを示します。測定値が規格限界外にある部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

また、PPMを使用して、工程内の適合品と不適合品のパーセントを推定することもできます。
PPM %不適合部品 %適合
66807 6.807% 93.193%
6210 0.621% 99.379%
233 0.0233% 99.9767%
3.4 0.00034% 99.99966%

期待されるサブグループ間/内性能の% < LSL

期待されるサブグループ間/内性能の% < LSLは、測定値が下側規格限界(LSL)より小さいと期待される部品数のパーセントです。期待されるサブグループ間/内性能値は、サブグループ間/内標準偏差を用いて計算されます。期待されるサブグループ間/内性能の% < LSLは、サブグループ間/内工程分布から無作為に抽出された部品の測定値がLSLより小さいという確率です。

無作為に抽出された部品がLSLより小さいという確率は、サブグループ間/内正規曲線の下の陰影領域で示されます。

解釈

下側規格限界より小さいと期待される、不適合品のパーセントを、サブグループ間/内の変動に基づいて推定するには、期待されるサブグループ間/内性能の% < LSLを使用します。サブグループ間/内性能の値は、サブグループ間/内の変動以外のシステム工程変動要因が除外できた場合に達成可能な性能を示します。

% < LSLの値が低いほど、下側規格限界と比較して、工程能力が高いことを示します。測定値が下側規格限界を下回る部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

期待されるサブグループ間/内性能の% > USL

期待されるサブグループ間/内性能の% > USLは、測定値が上側規格限界(USL)より大きいと期待される部品数のパーセントです。期待されるサブグループ間/内性能値は、サブグループ間/内標準偏差を用いて計算されます。期待されるサブグループ間/内性能の% > USLは、サブグループ間/内工程分布から無作為に抽出された部品の測定値がUSLより大きいという確率です。

無作為に抽出された部品がUSLより大きいという確率は、サブグループ間/内正規曲線の下の陰影領域で示されます。

解釈

上側規格限界より大きいと期待される、不適合品のパーセントを、サブグループ間/内の変動に基づいて推定するには、期待されるサブグループ間/内性能の% > USLを使用します。サブグループ間/内性能の値は、サブグループ間/内の変動以外のシステム工程変動要因が除外できた場合に達成可能な性能を示します。

% > USLの値が低いほど、上側規格限界と比較して、工程能力が高いことを示します。測定値が上側規格限界を上回る部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

期待されるサブグループ間/内性能の%合計

期待されるサブグループ間/内性能の%合計は、測定値が規格限界外にあると期待される部品のパーセントです。期待されるサブグループ間/内性能値は、サブグループ間/内標準偏差を用いて計算されます。期待されるサブグループ間/内性能の%合計は、サブグループ間/内工程分布から無作為に抽出された部品の測定値が規格限界外にある確率です。

無作為に抽出された部品が規格限界外にある確率は、サブグループ間/内正規曲線の下の陰影領域で示されます。

解釈

規格限界外にあると期待される、不適合品のパーセントを、サブグループ間/内の変動に基づいて推定するには、期待されるサブグループ間/内性能の%合計を使用します。サブグループ間/内性能の値は、サブグループ間/内の変動以外のシステム工程変動要因が除外できた場合に達成可能な性能を示します。

%合計の値が低いほど、工程能力が高いことを示します。測定値が規格限界外にある部品がほとんどない、またはまったくないのが理想です。

サブグループ間/内工程能力のZ.LSL

Z.LSL(サブグループ間/内)は、工程平均から下側規格限界(LSL)までの標準偏差数です。この値は、サブグループ間/内標準偏差を使用して、サブグループ間/内工程性能に基づいて計算されます。

Zベンチ測度を表示するには、オプションをクリックし、工程能力分析を実行したときのデフォルトの出力を工程能力統計量からZベンチに変更する必要があります。

解釈

工程のサブグループ間/内のσ工程能力を下側規格限界と比較して評価するには、Z.LSL(サブグループ間/内)を使用します。

通常、Z.LSL値が高いほど、分布の下側の裾で工程の能力があることを示します。値が低い場合、工程の改善が必要である可能性があります。可能であれば、Z.LSL(サブグループ間/内)を、工程に関する知識や業界標準に基づいたベンチマーク値と比較します。Z.LSLがベンチマークより低い場合、工程を改善する方法を検討します。

サブグループ間/内工程能力のZ.USL

Z.USL(サブグループ間/内)は、工程平均から上側規格限界(USL)までの標準偏差数です。この値は、サブグループ間/内標準偏差を使用して、サブグループ間/内工程性能に基づいて計算されます。

Zベンチ測度を表示するには、オプションをクリックし、工程能力分析を実行したときのデフォルトの出力を工程能力統計量からZベンチに変更する必要があります。

解釈

工程のサブグループ間/内のσ工程能力を上側規格限界と比較して評価するには、Z.USL(サブグループ間/内)を使用します。

通常、Z.USL値が高いほど、分布の上側の裾で工程の能力があることを示します。値が低い場合、工程の改善が必要である可能性があります。可能であれば、Z.USL(サブグループ間/内)を、工程に関する知識や業界標準に基づいたベンチマーク値と比較します。Z.USLがベンチマークより低い場合、工程を改善する方法を検討します。

サブグループ間/内工程能力のZベンチ

Zベンチ(サブグループ間/内)は、標準正規分布上で、工程内の欠陥の推定確率を上側の裾の確率に変換した百分位数です。この値は、サブグループ間/内標準偏差を使用して、サブグループ間/内工程性能に基づいて計算されます。

工程の欠陥は、規格限界の両側にあります。サブグループ間/内標準偏差は目盛りによって示されます。

分布の右裾にすべての欠陥を配置し、中心(赤い線)から総欠陥数を定義する点までのサブグループ間/内標準偏差数を測定すると、Zベンチ(サブグループ間/内)値が得られます。

Zベンチを表示するには、オプションをクリックし、工程能力分析を実行したときのデフォルトの出力を工程能力統計量からZベンチに変更する必要があります。

解釈

工程のサブグループ間/内のσ工程能力を評価するには、Zベンチ(サブグループ間/内)を使用します。

通常、Zベンチ値(サブグループ間/内)が高いほど、工程の能力が高いことを示します。値が低い場合、工程の改善が必要である可能性があります。可能であれば、Zベンチ(サブグループ間/内)を、工程に関する知識や業界標準に基づいたベンチマーク値と比較します。Zベンチ(サブグループ間/内)がベンチマークより低い場合、工程を改善する方法を検討します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください