合格領域プロットとは

合格領域プロットは、変数抜取検査で使用されます。既知の上側規格と下側規格があり、標準偏差が不明な場合は、合格領域プロットでサンプル平均とサンプル標準偏差から成る領域を確認できます。

このプロットは、サンプル要件を示すのに役立ちます。サンプルの標準偏差が増加して最大値に近づいている場合、商品を合格とするには平均が目標値と等しくなっている必要があります。工程変動が少なく標準偏差が小さい場合、平均値が規格限界内で変動していても構いません。

たとえば、3600個のローラーから259個をサンプルとして取ります。サンプル平均が規格限界の中心にある場合、工程は最大標準偏差0.002753を受け入れることができます。サンプル平均が一方の規格限界に近くなると、ロットの合格に必要な品質を維持するには変動(標準偏差)がより小さくなる必要があります。最悪なケースは、平均が規格限界と等しい場合です。この場合、標準偏差は0になる必要がありますが、それは不可能です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください