変数抜取検査(作成・比較)の概要

変数抜取検査(作成・比較)を使用して、代表サンプルデータに基づき、入検材料の特定のロットを合格または不合格にするための検査計画を作成します。複数の抜取計画を比較して、サンプルサイズと限界距離を変えるとどれだけ計画のリスクに影響するかを理解することもできます。

抜取検査では、製品ロット全体を合格とするか不合格とするかを判断できます。変数データを使用して、各計画では厚さ、濃度、表面粗度などの1つの測定特性を1つ以上の規格と比較して評価します。

たとえば、カメラレンズ3,600枚が入荷したとします。抜取検査を使用して、何枚のレンズを検査する必要があるか(サンプルサイズ)、そしてどの限界距離を使用するかを決定するための計画を作成します。Minitabでは、限界距離をサンプル平均および規格限界と比較して、サンプルデータに基づいてロットを合格または不合格にするかを判断します。

抜取検査で工程の品質が改善されることはなく、良い品質管理工程の代わりにはなりません。抜取検査は、製品やサービスの合格または不合格を判定するための意思決定ツールとして便利です。特に、供給業者の工程の品質が不明な場合、抜取検査は100%検査と比較して良い選択肢となる可能性があります。

この分析の場所

変数データの抜取検査計画を作成するか、変数データの複数の抜取検査計画を比較するには、統計 > 品質ツール > 変数抜取検査 > 作成/比較を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください