変数抜取検査(ロットの合格・不合格)の概要

変数抜取検査(ロットの合格・不合格)を使用して、代表サンプルデータに基づいて入検材料のロットが合格か不合格かを判定します。

たとえば、3,600枚のレンズの出荷から259枚のレンズをランダムに選び出して厚さを評価する必要がある抜取計画があるとします。Minitabは、実際の測定値から平均と標準偏差を使用して規格限界と比較し、レンズの配送全体を合格または不合格にするかを判断します。

この分析の場所

サンプルデータに基づき、ロットを合格または不合格にするかを判断するには、統計 > 品質ツール > 変数抜取検査 > ロットの合格/不合格を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください