計数抜取検査のオプションを指定する

統計 > 品質ツール > 計数抜取検査 > オプション

分析に使用するオプションを選択します。

孤立したロットに超幾何分布を使用する
有限サイズの孤立したロットから得た合格/不合格データがある場合に、超幾何分布を使用してサンプリング計画を見つけます。詳細は、二項分布、超幾何分布、ポアソン分布のどれを使用するのかを参照してください。
合格確率算出のための追加の品質水準を入力
Minitabが適切な単位を使用して対応する合格確率を計算できるように不良品質水準を入力します。
デフォルトでは、AQLとRQLの合格確率が表示されます。また、追加の品質水準を指定し、合格確率を計算することもできます。たとえば、品質水準の単位が[不良率(比率)]であるとします。AQLが0.001、RQLが0.025の場合、品質水準が0.005および0.01のときの合格確率を調べることができます。
サンプルサイズを小さくした代替計画用にαとβを少し増やすことができます。
許容最大α
受け入れる最大の生産者リスクを入力します。生産者リスクを大きくすることによって、サンプルサイズと許容数を小さくできます。
許容最大β
受け入れる最大の消費者リスクを入力します。消費者リスクを大きくすることによって、サンプルサイズと許容数を小さくできます。

このオプションは、メインダイアログボックスで抜取計画の作成を選択した場合のみ使用できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください