計数抜取検査計画の比較 - 例

営業部の代表者が見本市で無料配布するために業者からペンを購入します。ペンの各入荷のロットサイズはペン5000本です。営業担当者は各ロットから抜取計画で52本のペンを検査します。不良ペンの本数が2本以下の場合、営業担当者は入荷全体を合格と判定します。AQLは1.5%、RQLは10%と仮定します。

営業部長は、サンプルに含まれるペンの本数を25本に減らし、許容数を1に減らした場合のリスクを評価したいと考えています。

  1. 統計 > 品質ツール > 計数抜取検査を選択します。
  2. ドロップダウンリストから、ユーザー定義による抜取計画の比較を選択します。
  3. 測定タイプで、 合格/不合格 (不良品)を選択します。
  4. 品質水準の単位で、 不良率(%)を選択します。
  5. 合格品質水準 (AQL)に「1.5」と入力します。
  6. 不合格となる品質水準 (RQLまたはLTPD)に「10」と入力します。
  7. サンプルサイズに「52 25」と入力します。
  8. 許容数に「2 1」と入力します。
  9. ロットサイズに「5000」と入力します。
  10. OKをクリックします。

結果を解釈する

部長は異なる抜取計画のグラフを比較し、入検品質が不良率約1.5%のときは2つの抜取計画がほぼ同じになるが、入検品質が不良率約10%のときはかなり異なることに気づきます。

AQL(1.5%)では合格確率の変化は非常に小さく(0.957 – 0.946)、AOQとATIの差も最小限です。RQL(10%)では合格確率の変化がはるかに大きく(0.271 – 0.097)、AOQとATIの差もかなり大きくなります。

部長は、ペンの抜取検査は容易で費用があまりかからないと判断し、入検品質が良くないときに修正検査を行うことで全体の平均出検品質を悪化させたりサンプル抽出するペンの本数が多くなったりするリスクを冒したくないと考えます。

計数抜取検査

測定タイプ: 合格/不合格 不良率(%)によるロット品質 ロットサイズ: 5000 二項分布を使用して合格確率を計算
方法 合格品質水準 (AQL) 1.5 不合格となる品質水準 (RQLまたはLTPD) 10
ユーザー定義の計画を比較 サンプ ルサイ 許容 不良 不合格 ズ(n) 数(c) 率(%) 合格確率 確率 AOQ ATI 52 2 1.5 0.957 0.043 1.420 266.2 52 2 10.0 0.097 0.903 0.956 4521.9 25 1 1.5 0.946 0.054 1.412 292.4 25 1 10.0 0.271 0.729 2.698 3650.8
平均出検品質限界 (AOQL) サンプ ルサイ 許容 ズ(n) 数(c) AOQL 不良率(%) 52 2 2.603 4.300 25 1 3.303 6.250 収集されたnのうち不良品がc個以下の場合はロットを合格とし、その他の場合は不合 格とします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください