一様分布を使用すると、一定の確率を持つ連続変数を表すことができます。たとえば、部品の母集団の長さの範囲が0.5~0.6 cmだとします。0.5~0.6 cmの値すべての発生確率が等しい場合、これらのデータは一様分布になります。

一様分布は、値の確率が均等である範囲をモデル化する連続分布です。一様分布は、下側と上側のエンドポイントによって指定されます。たとえば、次のグラフは一様分布です。

一様分布は本質的に多くは存在しませんが、参照分布として重要です。一様分布は、矩形分布としても知られています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください