三角分布は、サンプルデータの数に限りがある母集団を説明するために使用します。たとえば、石油業界では、データの収集に費用がかかり、母集団をモデル化することはほとんど不可能です。

三角分布は、ビジネスリスクや確率的工程をモデル化するためによく使用されます。たとえば、新築の建設コストのデータを収集することが困難だとします。しかし、建設コストの最小額、最高額、および予想(最頻値)額を推定することはできます。これらの値は定義や説明が容易であり、妥当なデータを表します。

三角分布は、その最小値、最大値、および最頻値によって定義される連続分布です。分布の形状は三角形になります。最小値から開始し、最頻値でのピーク値まで直線的に増加し、最大値まで直線的に減少します。三角形の形状は、対称の場合と非対称の場合があります。たとえば、次のグラフはパラメータが最小値= 10、最頻値= 50、および最大値= 150の三角分布です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください