正規分布は、平均(μ)と標準偏差(σ)によって指定される連続分布です。平均は、つりがね型曲線の頂点または中央です。標準偏差は分布の広がりを決定します。

たとえば、次の正規分布のグラフでは、おおよそ68%の観測値が平均の標準偏差+/- 1以内にあり、95%は平均の標準偏差+/- 2以内(陰影の付いた領域で表示)、そして99.7%が平均の標準偏差+/- 3以内にあります。

正規分布は最も一般的な統計的分布です。これは、多くの物理的、生物学的、および社会的な測定状況では通常、おおよその正規性が表れるためです。多くの統計的分析では、データはほぼ正規分布の母集団からであると仮定されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください